2016年8月20日土曜日

メルセデス専用 SPORTS CLASSIC 19 FORGED  開発中です。




本格的なブレーキシステムを考えると、
必然的にホイールの外径サイズは現代であれば
19インチへと深化するのかも知れない!

FORGED  19  鍛造アルミの開発は
そんな時代の環境に沿って考えられました。
6ポッドのPCCBブレーキシステムを
そのまま呑込む容積の確保。
フロントブレーキローターは最大径の
360mmから380mmへと深化です。

20年前のメルセデスへ装着された
ポルシェブレーキシステムは993ターボの
赤キャリブレンボ4ポッドでした。
そして外径はローター330mmへのキャリパーへと
インストレーションから始まり、
18インチEURO FIVE  では最大径355mmから
その上の360mmまでが対応でした。
時代は380mmへと深化したのかも知れません。

Toshifumi  Kako  


















































































































2016年8月14日日曜日

あれから19年が経過しました。18インチから19インチ鍛造へと深化する時代の幕開けです。SPORTS CLASSIC 19 FORGED 開発中です。














あれから19年の月日が経過しました。
18インチメルセデス専用のEURO  FIVE から
19インチ鍛造へと深化する時代の幕開けで御座います。
SPORTS CLASSIC 19 FORGED 開発中です。


かれこれ20年間の月日が流れました。
新しく品質もクオリティーも生まれ変わり、
本質的な内容も含めて研ぎ澄まされた
最新式製法による鍛造19インチサイズを只今開発中です。

人間の求めるシンプルな夢とは何か?

速く走りたいと思うよりも、
それはまるで空を飛ぶように軽く
マシンを自由自在に移動させたいと願う気持ち。
バネ下荷重の徹底的な改善によりその結果、軽快な足回りと、
絶妙なコントロール性能を持った本格的な制動装置の実現。
本格的な制動装置を手にいれると言うことは、
それは同時に本質的な安全を手にいれるということなのです。

足回りの改善は排気量アップやチューニングエンジンよりも
ある意味重要な箇所なのでも御座います。 


SPORTS  CLASSIC  19  FORGED
 

メルセデスの足回りを本質的で近代的な、
997後期のポルシェセッティングへと深化させたい。
PCCB  ブレンボ6ポッドと380mmの大口径ブレーキローターの採用。
ポルシェメイドと言われても20年前のポルシェブレーキでは、
18インチのインナークリアランスとしての限界は360mmまででした。

憧れのPCCB  ブレンボ6ポッドと
380mmの大口径ブレーキローターを入れる為には
この19インチ鍛造環境が逆に必要だったのです。
ブレーキの構築がメインでアルミのサイズを19鍛造へと流れます。
またこの19インチサイズを入れるために,
500ボディーを造って行くという遠回りな面白さと醍醐味も堪りません。

小さくて計量ボディーのあの911ポルシェで、
普通に標準で19インチサイズが奢られております。
最新の991シリーズで20インチや21インチが採用されておりますが、
あえて997後期の最上級オプションの足回り領域に注目してみました。

目的は19インチの鍛造がメインではありません。
メインは本格的な制動装置の徹底リファインからの改善案でした。
997   GT3  RS  の憧れのオプションでおなじみのPCCB  
ブレンボ6ポッドをフロントセクションへと放り込む環境設定だったのです。
これにより実現不可能とされていたローターサイズの実現です。
ドリルド380mmの大口径ブレーキローターを入れる為に開発なのです。


メルセデスの500はまさに、
25年の月日が流れてクラシックの領域へと辿り着きました。

AFF   SPORTS  CLASSIC  19  FORGED  只今開発中です。


Toshifumi  Kako  








































































































































2016年7月26日火曜日

124ワゴン クラッシックワイドフェンダーという構想。














































Nearly 20 years 500 wide fender until now
Although it came made over time 
in the iron plate processing of metal!
The more handy and speedy to 124 wagon
In order to meet the request of anyone 
who would like to enjoy in a light feeling
In the AFF classical fender trim and wide design
We are secretly plans to 
develop a new side spoiler ASSY.




In FRP material called fender molding
This product is possible because 
the built-in one-touch to a normal body.
In becoming a problem in the three-dimensional 
curve front fender ASSY
From then manufactured in the dimensions 
of the 500 first lower Sacco panel of line
Or complete designs that go beautifully connected,
Or completely to the standard normal fender
A panel on one-touch sensation
We lost in one of the two to be as it is fixed!
Although the image of 
the bottom is I like the most personal,
We would like your opinion of everybody



Here jewels and show off in front of a 
composite image of the rough design!




今まで20年近く500ワイドフェンダーを
金属の鉄板加工で時間を掛けて製作して来ましたが!
もっとお手軽にそしてスピーディーに124ワゴンを
ライトな感覚で楽しみたいという方のご要望を適えるために
AFFではクラシカルフェンダートリムとワイドデザインで
サイドスポイラーASSYを 新規開発する事を密かに計画しております。

フェンダーモールディングと呼ばれるFRP素材で
この製品はノーマルボディーへとワンタッチで組み込みが可能なのです。
三次元曲線で問題となるのがフロントフェンダーASSYで
500の寸法で製作させてファーストロアーサッコパネルのラインから
綺麗に繋げて行くコンプリートデザインか、
もしくは完全に標準ノーマルフェンダーに
ワンタッチ感覚でパネルオンで
そのまま固定させるかの2種類で迷います!
一番下の画像が一番個人的には好きなのですが、
皆様のご意見を頂きたいと思い
ここにラフデザインの合成画像をお披露目で御座います! 













AFF1  

Auto Fashion Factory Yokohama 

おかげさまで創業22年

株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1

045-591-0888 

AM:11:30~PM:21:00
木曜日 定休日



AFF3  

Mechanical Tokyo 

東京の丁度ど真ん中  

東京タワー前 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F

03-6459-0831
 

AM:11:30~PM:20:00
木曜日 日曜日 定休日






2016年7月22日金曜日

AFF-3 億万長者BAG テレホンショッピングによるご注文でした。石川県は本多さんからの依頼です。














Billionaire   BAG  AFF-3   Green    289000Yen 


億万長者BAG と呼ばれるベストセラー
かれこれ発売から数えて18年の歴史を誇る手持ちレザーBAGです。
馬革と呼ばれる希少な部位による美しきホースレザーで、
丹念にもハンドメイドで熟練革職人が時間を掛けて1個1個、
作り上げて行く魂を込めながら製作させて行く1つの作品でも御座います!

金額は1個 289,000円で
もちろんこの金額は税別表示です。
上質な馬革だけを贅沢にも使用して
ステッチの1本1本を丁寧に追い掛けて行く
まさに指名された専属革職人だけが手掛ける
技術者認定マイスター製法から
1個1個時間を掛けて誕生して参ります。
妥協を許さず各部の造り込みは徹底的に
その馬革特有の耐久性と美しさの融合を考えて、
作り上げて行く丁度良い寸法と
ベストな大きさのパッケージングサイズが魅力です。

この製品の誕生までには
途方もないプロセスと膨大なる時間が必要でした。
最初の試作品やプロトタイプの長時間の使用実験や、
長期使用に耐えうるハードな耐久テストの繰り返しを含め、
改良と改善を何度も何度も繰り返し、
約5年のテスト期間としての永い歳月がどうしても必要でした。

本物と呼ばれる追い込まれた
上質的な製品のクオリティーは
手間隙掛けて人間の手作業から誕生して参ります。
既製品や大量生産品とはあきらかに違う品質。
それは他とは一戦を画す造り込みと、
選び抜かれた素材から滲み出るようなホースレザー製品の価値。

革製品の本来の魅力と価値観とは果たして何でしょうか?
その存在感さえも指先に伝わるような肌触りの感触として深く、
味合わせてくれる製品クオリティーがここに宿ります。

と前置きはこれくらいにしておいて!

何故 Billionaire   BAG  AFF-3 が誕生したのか?
それは個人的に毎日使う製品を自分達で考え、
そして徹底的に個人趣味の延長線上として、
作り上げて行くだけのその繰り返しなので御座います。

街で売られているような量産品は、
これから数多く商売的に売らんが為の、
製品コストがどうしても先に計算されてから
ある程度の制限の中で製品枠として誕生して参ります!

何となくの製品ばかりで徹底的な製品は
世の中 非常に少ないと思われます!
個人レベルで飽きずに10年〜20年と
ロングスパンで使い切るモノへの追求心が無ければ、
このような Billionaire   BAG  AFF-3 は
生まれてこなかったと思われます。


Billionaire   BAG  AFF-3 が 
欲しいと本気で思えた時!
それは本質的な魅力が正しく、
自分のイメージさせているセンスとして
内面から評価出来たからなのかも知れません!
理解出来ない人には本質的な価値など、
余計に理解出来ないからなのですが!

Toshifumi  Kako  



Nikon D3S 
Carl Zeiss
Makro Planar
single-focus lens 
T* 2/50 ZF.2
Photo by
Toshifumi Kako 


























































































































































































































































































2016年7月18日月曜日

200分の旅  TOKYO CRUISE 貸切りの UFOの中で! 2016  07 17 日曜日 村長と呼ばれる男 村松氏からのお誘いでした。  












Auto Fashion Factory Yokohama
2016  07 17 日曜日

村長と呼ばれる男
村松さまにお誘い頂きました
恒例の2016年 豊ラボ祭り
貸切りの UFOの中で!
200分という時間の中で、
東京湾に移動する個人空間を造り上げ、
約100名の友人を一同に集める
この村松氏の奥深さ!

夜景と海の上で過ごす
夏の約3時間200分近くの旅。
甲斐総店長と榎本PIT長と自分の3人で
AFF側からは参加させて頂きました。
村松さんのご友人達は機械式腕時計で、
ブライトリングの装着率がダントツでした。

次にTCM 機械式腕時計  スポクラ47mm AFF-3  
そしてJR  1681  RONDEと続きます!





Nikon D500

Nikon
AF-S NIKKOR
85mm f/1.8G
Photo by Toshifumi Kako




Nikon D3S 
Carl Zeiss
Makro Planar
single-focus lens 
T* 2/50 ZF.2
Photo by
Toshifumi Kako 























































村長と呼ばれる男

100人近くの村人が臨時集合で07月17日に
東京湾のとある場所へと集められました。
わずか200分の旅と題しまして東京湾クルージングで御座います。
関東周辺に生息している地球人限定という
独特なるキャッチフレーズが心に突き刺さります!
あああ〜!自分は地球人だったんだと再認識させてくれた瞬間です。

テーマは漠然として御座いますが、
活きたお金をどう使うのか?

自分の為に資金やお金を使う事は誰にでもあたり前に出来ますが、
僅か2〜3時間でも良いから夏の思い出として楽しい時間を提供したいと考え、
3桁の個人資金を事前投資して有意義な時間を共有させてみたいと考える村松氏、

ヤルからには原資回収や損得勘定で元を取ろうなんて考えなんかは、
この企画を考えた村松氏には基本的には微塵も持ち合わせて御座いません。
水上クルージングへの参加費用こそは最低限度で発生しますが、
考え出された企画と内容に比べれば、ある意味非常に良心的な、
プライス設定の範囲内ですから、それほど大きな問題では御座いません。
如何に参加された友人達に心ゆくまでじっくりと楽しんで頂けるか?

村長と呼ばれる男は非常に面白い男で御座います!


Toshifumi  Kako